ハロウィン【あらすじネタバレ感想】デッドバイデイライトのシェイプ!決死の一撃のローリー!

映画

デッドバイデイライト(DBD)でおなじみのシェイプ(マイケル)が本作の主人公(?)になるハロウィンシリーズになります。

DBDでマイケルがレベル3になった時のあの音楽に聞き覚えのある方は多いはず!
もちろん原作のこちらが元になっております!
あの曲恐怖心を煽る様ないい曲なんだよなぁー!

(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS

スポンサーリンク

あらすじ

『ハロウィン』予告編 (2018年)

ジャーナリストのデイナとアーロンは、40年前のハロウィンに起きた凄惨な殺害事件の真相を追っていた。殺人鬼の名前はマイケル・マイヤーズ。彼は40年間、一言も話すことなく動機や感情は一切不明。あまりの恐怖に人々は彼をブギーマン”と名付けた。事件の被害者で唯一の生き残りローリー・ストロードにインタビューするも収穫はなかった。しかし、ローリーは再びマイケルが目の前に現れることを恐れ、いつ起きるか分からない非常事態に一人備えていたのだ。その予感は最悪の形で現実となる。ハロウィン前夜、精神病棟から患者を輸送する車が横転し、マイケルが脱走してしまう。娘のカレンはローリーの言うことを信じず、孫娘アリソンもパーティに出かけてしまっている。

概要

こちらの映画は無印のハロウィンとなっていますが、
第1作のリメイクではなく第1作の40年後を描く、第1作の直接の続編になります。

ストーリーも続編となっていますのでこちらを見る前に第1作orリメイク版をご視聴する方がよりハロウィンの世界に没入できると思います!

ネタバレ感想

ローリーはもしもの為に娘カレンに銃の使い方などを教え込んでいたのですが、
娘からすると過去に縛られた可哀想な母にしか見えず心の距離が大きくなっていて孤独なローリが可哀想で仕方ない;;

そんなハロウィンの前日、マイケルは精神病棟から刑務所への移送中に刑務官を襲いバスを事故らせます。
そしてローリーと娘カレンと孫アリソンを襲うべく闇の中へ消えていきます。
さぁいよいよスプラッターホラー映画の本領発揮かとワクワクしました。

殺人を重ねながら少しずつローリーへの近づいていくマイケル。
そんな中アリソンは彼氏と学校のイベントに行っているのですがここで彼氏が浮気をして逆ギレする始末。スマホはヨーグルトみたいな中に突っ込まれておじゃん。アリソン可哀想・・・せめてこいつにだけは天誅をと思ったけどもう出番ないんかーい!

なんやかんやでついにローリーの前に現れます。

地下の隠し部屋では銃がたくさん保管されていてローリーのマイケルを絶対殺すという強い意思が伺えます。
ローリーには最後のマイケルを殺すビジョンが見えていたのだと確信する地下閉じ込めトラップからの丸焼きトラップでマイケルを焼き殺すのでした。
ローリーどうやってあんなの作ったの・・・?

口コミ評判

こんな人におすすめ

・デッドバイデイライトのファン
・ジェーソンやフレディが好き
・スプラッター映画好き
・ホラー映画好き

まとめ

ファンは楽しめる映画だと思ったけどホラー映画としてみた時に物足りなさがある。
アリソンの彼氏のくだりとか一人にさせる展開にはなるが単純に「そこいる?」って思ってしまった。

シリーズ物で期待値が高かっただけに残念な評価になってしまった!

コメント

タイトルとURLをコピーしました